アジア最大のICT&IoTイベント「COMPUTEX TAIPEI 2019」に参加しましたvol.1

こんにちは。
今回は台湾の台北市で毎年行われている、世界最大級のICT&IoT展示会である「COMPUTEX in TAIPEI」に、弊社代表の西村と取締役 カトウが出展も兼ねて出張してきましたので、シリーズでご紹介していきます。

今年のテーマは、

世界のテクノロジー・エコシステムを創る
~Building Global Techology Ecosystems~

出展している会社は1,685社 5,508 ブース ということで、
え〜と、、、1社あたり3畳ほどのブースの広さだとすると、、、
想像するだけでも目が眩む数デスネ・・・ (🌀o🌀)

会場も建物4つに別れていて、その一つ一つが有明にある「東京国際展示場(東京ビッグサイト)」や「幕張メッセ」クラスの大きさ・・・Σ(‘◉⌓◉’)‼️

computex 会場の外観
computex 受付

今回の展示会、メインテーマとしては下記の5つ

  • AI & IoT
  • 5G
  • ブロックチェーン
  • イノベーション&スタートアップ
  • ゲーミング& XR

今回はテクノブレイブグループ(テクノブレイブテクノブレイブ アジアストリクス) として出展しており、ストリクスからは

E-THOLOGY ー新時代のAR動物図鑑ー

E-THOLOGY
「カード」と「AR」。2つの要素で学べる、まったく新しいタイプの「動物図鑑」。動物の情報や生息環境を表したカードから正しい組み合わせを発見する事で該当する動物をAR上に表示させます。

LOGIToy

という2つのプロダクトを展示しました。

テクノブレイブグループ各社のパンフレット
LOGI TOYのデモの様子

展示会レポートの続きは後日追加させていただきます。

トップへ戻る