「ARスマートグラス」って何だろう?とりあえずのAR基礎知識 vol.05

「atSTRIX」をご覧頂いている皆様 こんにちは。取締役カトウです。

とりあえずのAR基礎知識としてARやMRについて簡単に触れてきました(ご興味ある方は以下をご覧ください)

「すごいぞ!ホロレンズ!」なんて言っておきながら最近ではホロレンズ次世代機の開発がキャンセルされた報道などが飛び交ってました。

業務向けの製品とするか、一般向けの製品とするか?など方向性に悩んでるという所が背景としてあるようです。(まあ、ホロレンズ大きいですし、一般の方が持つとは想像できませんのでね、、、)

ただAR、MRの可能性自体はマイクロソフト社ふくめ、俄然盛り上がりを見せてます。
最近では各社ARスマートグラスなどの発表が相次ぎ、2025年にはApple 社からもARスマートグラスが発売されるかも!?なんて話もでています。

当然、我々STRIXとしてもスマートグラスは既に手に入れており、デモ等の開発を進めております! 

今日はARスマートグラスに触れながら、その一部をご紹介しましょう!

ARスマートグラスとは?

スマートグラスとは
メガネのように「かけて」使用するウェアラブルデバイスの総称。
目の前に広がる現実空間に、デジタル情報を重ねて表示できます。

コンパクトなデザインが特徴のサングラス型スマートグラス。対応スマートフォンに接続して使用。MRモード(MR Space)とミラーリングモード(Air Casting)の2つのモードで、さまざまな映像体験を手軽に楽しめます。

https://au5g.jp/smartglasses/

こんな感じですね。

特徴としてはメガネタイプの軽量コンパクトであるという点と、スマートフォンと接続しARkitやARCoreなどスマートフォン側のOS機能を活用するという点があげられます。

ホロレンズなどのヘッドマウントディスプレイとは違い、全てをグラス側に入れ込むのではなく、描画やカメラの性能、センサー種類などの役割をグラス側に持たせ、OS、ARプラットフォームなどはデバイス側であるスマートフォンに役割を持たす事で軽量小型化したイメージです。

どんな時につかえるの?ARスマートグラスの使用用途

さて、そんな小型化に成功したARスマートグラスですが、どんな時につかえるのでしょうか?写真や動画の撮影、インターネットに繋げて情報・地図を表示するなど様々なことに対応することが可能ですが、実際に何ができるのでしょうか?

ルートの案内

ARスマートグラスの機能を使用すれば目的地までのナビゲーションを行うことができます。目的地を設定することで向かいたい道の情報が表示され、スムーズに向かうなんて事ができそうです。ホテルや観光地での部分的な紹介での使用などいろいろ使えそうです。


学校の講義、博物館の展示(情報・画面の共有)

動画の視聴も行うことができます。例えば何かの標本を見ながら、その対象についての動画を見たり、情報をチェックしたりする事が可能になります。これは学校の授業やラーニングを目的とした用途に適しているかもしれませんね。また美術館や博物館での情報展示の補足情報として活用することも想像できます。

]

イベント、体験型ゲーム

自分が見ている風景の中に動画やARを投影することができますので、より没入感のあるゲームやイベントを作る事が可能になると思われます。ARスマートグラスはスマートフォンと連動しているので、その機能も十分に使えます。位置情報と連携して特定のAR・情報を表示する等が可能になるので、宝探しやスタンプラリー、謎解きみたいな用途でも十分使えそうですね。

と、いろいろと用途についても紹介しましたが、現時点では決してスマートフォンに変わる物ではないという点もあげておきたいと思います。

まだまだ課題は多いので、限定した場所・用途で活用されるのが現時点のARスマートグラスという印象です。

Nreal Light / Nreal Air

では、どのようなARスマートグラスがあるのでしょうか?

現時点でも種類はたくさんあるのですが、今日はストリクスでデモ開発してるNrealをご紹介したいと思います。

A Quick Look through Nreal Light Mixed Reality Glasses

未来感ありますね。こちらはNrealの公式デモです。

弊社でもっているのは、NrealLightのデベロッパーキットのものですが、同様に使えます。映像上は軽いメガネに見えますが、そこそこ重量ある印象です。テストでずっとかけてると重たく、四六時中かけっぱなしで生活するという姿は現時点では想像できません。(今後に期待ですね)

ただAR、MR体験としては十分な機能を有していると思います。情報表示される視野角も広く見切れはしますが、そこはホロレンズと遜色ない感じです。

Nrealのスペックなどはこちらか参照できます。

Nreal Japan

そして、こちらはストリクスで開発したE-THOLOGY MRデモの一部です!

Nreal Light ( E-THOLOGY 開発デモ)

開発機からのキャプチャなので背景とかはなく、両メガネの映像が出てますが、実際には現実世界にこれらが投影されます。

ハンドキャプチャといって、実際に手のアクションでUI動かすように作っています(映画の「アイアンマン」、「マイノリティーリポート」のような手の動きを想像してみてください)

ただ実際に作ってやってみると、まだまだ操作性は映画のようにはいかず(泣)、UI/UXは見直し、今の機能にあわせたものに作りなおしました。

こういった事もやってみないとわからないですね。

今はほぼ開発完了しており、操作感なども改善し、よりMR体験がしやすいものと昇華しております。完全版は後日公開予定ですので、ノウハウと合わせてご紹介できればと思っています。お楽しみに!

という事で今回はARスマートグラスについて触れましたが、この数年の間でどのように進化を遂げて我々の生活に入ってくるのか?とても楽しみですね。

5Gや各種センサー、インフラが充実していくと共に進化する「AR」「MR」は様々な可能性を秘めており、今後の生活を一変させる事ができる分野かもしれません。もちろん課題も多く残されていますが、デバイス含め大手企業が開発を進めており今後が非常に楽しみな技術でもあります。

今回は「ARスマートグラス」について触れましたが、まだまだ活用方法がわからなかったり、どんな事が出来るのか?などあると思います、そんな時はぜひ弊社STRIXにご相談に頂ければと思います。

アプリ開発 - ストリクス株式会社
ARアプリ開発の受託会社をお探しならストリクス株式会社にご相談ください。iPhone・Androidの一般ユーザー向けアプリから、WEBサイトリニューアル、デザイン、ラボ型も依頼いただけます。

ご要望に応じて様々な提案とアドバイスをさせて頂きます。

私たちストリクスではAR/MRを始めとするXR技術を活用しながら事業を推進しております。

STRIX
ストリクス株式会社はAR、 VR、AIを活用したWebサービスやアプリを生み出すコンテンツ制作会社です。「AR×学習」、「AI×インバウンド」をテーマに、前例のない「驚き」と「新たな体験」をお客様に届けるサービスを提供しています。
トップへ戻る